※ただいま、各ページ制作中で未完成な内容となっております。ご了承ください。

2015年4月より”おおつじ社労士オフィス”に名称変更しました

拠点も鯖江市北部からあわら市に移転しました。


遅ればせながら、ホームページを更新していきます。

まだ新旧入り乱れた状態ですが、ご了承ください。

・・・


従業員のことを考えているのに従業員にわかってもらえなくて、

しかも、そんな悩みを誰にも打ち明けられない・・・

小さな事業所の経営者の方へ。


事業を始めたきっかけや

そのときの思いなどを教えてください。

 

例えば、

従業員に誤解を受けていたりしませんか?

その思いに共感する人に見てもらいたい求人票になっていますか?

 そんなお悩みについて私がお手伝いできることはありませんか?


ブログ更新(外部リンク)

おつな社労士、おおつじつよしの、つれづれブログ

やればやっただけ(254) (火, 27 11月 2018)
課題の山に 尻込みする自分 への言葉です。 やればやっただけ 成果になる 山が大きいと 焼け石に水 と思ってしまう自分がいます。
>> 続きを読む

記憶の良し悪し(253) (Fri, 26 Oct 2018)
記憶力が良いとか悪いとか 物忘れが激しいとかそうでないとか といった言葉を 普段、何気なく使っていますが、   ここでは、これらの定義を   あれってなんだっけ? の答えが スッと出てくるかどうかを表している   と捉えることにします。 (→スッと出れば記憶力が良い) 言い換えると、 「物忘れ=覚えていない」 ではなくて、   脳の片隅に記憶した情報を 「探して」+「取り出す」時間が短いと 「覚えて」いて 時間切れになると 「物忘れ」 の状態と呼びます。   パソコンの中にある 「いついつ、どこどこの、あのデータ」 を取り出してくるのが スッと出るか 時間切れになるか と思ってください。   書庫に保管した紙ファイルから探すのも 似たようなものです。   「物忘れ=覚えていない」 ではない事例として、 「ど忘れ」 の経験をお持ちと思います。 なぜか、そのときだけ 「出てこない」 ですが、 しばらくすると 当たり前に出てくるようになる、 アレです。   後から出てくるということは、 記憶が無くなったわけではなく 出してくる経路が一時的に不通になっただけ という証拠です。   「あ~、アノ女優さんの名前、何やったっけ~?」 「ほら、○○に△△役で出てた・・・」 「確か、□月生まれで、旦那は××で、・・・」 「◇◇みたいな名前~」 「あ~、出てこん~」 からの 思い出しです。   だから、 記憶力を試されている人は、 思い出せないからと言って より一層、知識を身につけようとするよりも 思い出し方の訓練をしたほうが効率的です。   以上、私の経験から。   今回は、この辺で。
>> 続きを読む

価値の基準(252) (Sat, 13 Oct 2018)
貴穀賤金という言葉を ご存知でしょうか? きこくせんきん と読みます。 穀物(特に米)は貴くて お金は賤しい という考え方です。 (文字のそのままです) 江戸時代は この考え方が主流でした。 米を価値の基準として、 藩の大小を 石高で決定したり 士農工商(身分制度)での 農と商の位置関係と一致したり しています。 徳川家康をはじめ、 江戸幕府の草創期の人々が 幕府安定のために ものすご〜く 考えていたことがわかります。 しかし、 歴史の流れは 重きを 農業から工業や商業に 舵を切った雄藩や尊王の志士の登場により 江戸時代の終わりを告げることになりました。 さて、 現代は 幕末に似ている と言われています。 ということは、 現在の閉塞感を打破するために 金銭を中心とした経済 から 何か別のものを中心にした経済 に舵を切る必要性を感じます。 それが何なのかは 霧の中ですが、 次の世代には 常識となるはずです。 〈おまけの雑学〉 経済 という言葉は 福沢諭吉が economy の訳語を考えた際に 経世済民 を元に作った と言われています。 経世済民は 世をおさめ、民をすくう という意味です。 必ずしも 金銭が尺度である必要はありません。 今回は、この辺で。
>> 続きを読む

知らなかった~(251) (Sat, 13 Oct 2018)
平家物語って 世界有数の日本の識字率に 貢献しているそうです。   というのも 盲目の琵琶法師が歌う 「祇園精舎の鐘の声・・・」 って、どう書くんだろう?   祇園精舎って、 どんなものなんだろう?   という好奇心が 文字を覚えようという 原動力になったそうです。   自発的に 学習の原動力や 労働の原動力が 湧いてくる社会にしたいです。   よその国の事は知りませんが 日本ならできます。   今回は、この辺で。
>> 続きを読む

歴史の活かし方(250) (Sat, 13 Oct 2018)
私、学校を出てから 歴史が好きになりました。 学校では歴史は嫌いな教科でした。 (先生のせいではありません、念のため) 古い時代の人骨や原爆の絵の資料があったり 戦国時代=人殺しの時代 空襲=無差別殺人・皆殺し という思いがあったりで、 苦手でした。 ところが、 東京出張の移動中の暇つぶしに本でも読もうかと 本屋で司馬遼太郎氏の「龍馬がゆく」の冒頭を立ち読みしたら あらら、次男坊で末っ子で甘えん坊で・・・ 自分に似てるなあ というだけで購入して読み始めて・・・ というのが、歴史好きになるきっかけでした。   博多の歴女の ヒストリーはヒズストーリーという感性だったり、 井沢元彦氏の 点と点が線になるという感覚だったり、 特に日本の歴史にハマってます。 流れで見ると 見えなかったものが見えてきます。   歴史には 同じ過ちを繰り返さないための教訓 が詰まっています。 今がこうなのは あのときに、あんなことがあったから。 という学びです。   似たようなことが起きた時に 同じ失敗を繰り返さないようにするのが 歴史を活かすということです。   ここまでは 日本の歴史についての話ですが、 企業の歴史についても 共通性を感じます。   今回はこの辺で。
>> 続きを読む